048-866-2338

さいたま市南区別所4-7-16

診療案内

一般整形外科

一般整形外科は、身体の土台となる骨や関節などの骨格、それを取り囲んでいる筋肉、さらには筋肉の動きを支配している神経に生じた病気や怪我を専門に扱う診療科です。

小児整形外科

当院の小児整形外科では、発達段階にあるお子様の状態を踏まえながら治療を進め、後遺症などが生じないよう対応いたします。明らかな障害だけでなく、運動器に関して保護者の方が何らかの疑問を感じたときは、お気軽にご相談ください。

スポーツ
整形外科

スポーツ整形外科では、競技スポーツや生涯スポーツによって生じた怪我や病気の治療を専門に行います。一般の整形外科的な知識だけでなく、様々なスポーツ種目についての運動内容や外傷・障害の特殊性などをよく理解している専門医が対応いたします。

手の外科

手外科は、整形外科で扱う領域のうち、特に肩から手までに特化した部分の診断と治療を行う専門性の高い診療科です。

リハビリ
テーション

リハビリテーションは、怪我や病気によって生じた運動機能の問題を医学的に改善しようとする様々な取り組みです。理学療法(運動療法、物理療法)などによって痛みなどを軽減させ、身体機能の回復・改善を目指します。

骨粗鬆症

骨粗鬆症は、老化などが原因となって骨量が減少し、骨がもろくなって骨折リスクが高くなってしまう状態です。骨に含まれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラル量は、20~30歳頃の若年期をピークに、年を重ねるとともに減少していきます。

変形関節症

関節の軟骨が弾力性を失い、すり減ったり変形して痛みが出てくることがあります。これが変形性関節症です。関節のクッションとなっている軟骨が加齢に伴ってすり減り、これを支える周囲の筋肉も衰えていくことにより、症状が悪化していきます。

外傷

ちょっとした打撲や出血などの場合、放置される方も少なくないようです。しかし、一見すると大したことが無いように見える場合でも、思わぬ後遺症が残ることがあります。そのような事態を招かないよう、まずは整形外科を受診なさることをお勧めいたします。

リウマチ

リウマチは、本来なら病原菌などの外敵を攻撃するはずの免疫が暴走して自分自身の体を攻撃し、主に手足の関節付近が腫れたり痛んだりする病気です。特に手指の第二・第三関節に左右対称で見られます。

福岡整形外科

院長
福岡昌利
診療科目
整形外科、小児整形外科、手の外科、
リハビリテーション、リウマチ
電話
048-866-2338
所在地
さいたま市南区別所4-7-16
最寄駅
中浦和駅徒歩13分 
浦和駅徒歩19分

診療時間

診療時間 日祝
9:00~13:00
16:00~19:00
診療受付は18:00迄
木曜、土曜12:00迄
リハビリ予約受付時間18:00迄
木曜日診察は福岡利之 になります

休診日:日曜・祝日、木曜午後、土曜午後