048-866-2338

さいたま市南区別所4-7-16

リハビリテーション

リハビリテーションとは

リハビリテーション

例えば外傷によって骨の修復を行ったり、病気で外科手術を行ったりすると、怪我や病気が治る過程で患部の筋肉がこわばったり、関節が動きにくくなったりし、日常生活に支障をきたすことがよくあります。リハビリテーション(リハビリ)は、こうした怪我や病気によって生じた運動機能の問題を医学的に改善しようとする様々な取り組みです。

具体的には、理学療法(運動療法、物理療法)、作業療法などによって痛みなどを軽減させ、身体機能の回復・改善を目指します。これらの療法を受けることにより、早期に日常生活に復帰する効果が期待できます。当院では、障害を受けた体や運動機能を最大限まで回復すべく、個々の症例に応じ、医師の指導のもと専任の理学療法士がマンツーマンのリハビリを行います。

リハビリ科長のご挨拶

理学療法士 山本隆宣

はじめまして。
理学療法士の山本隆宣と申します。
私は当院にてリハビリテーション科の新設よりリハビリ科長として就任させて頂いております。
育ててもらった故郷・浦和への恩返しの気持ちを大事にしながら、地域の皆様にリハビリテーションを通じて、心身共に健やかに、様々な活動を楽しみながら暮らして頂けるよう貢献したいと思います。

リハビリテーション科スタッフ

リハビリテーション科スタッフ

このような症状の方はご相談を

  • 腰痛や肩こりがなかなか良くならない
  • 歩くのが辛い、上手く歩けない
  • 食事や着替え、トイレなどの日常動作が上手くできない
  • 関節が痛い、変形している
  • 筋力が低下し、疲れやすくなった
  • 五十肩、四十肩など
  • スポーツ外傷(靭帯断裂、半月板損傷など)を経験した
  • 靭帯再建術を受けた
  • 人工関節術を受けた

など

主なリハビリ療法

理学療法(運動療法、物理療法、動作訓練)

運動療法

適切な運動を行って体の全体または一部を動かすと、怪我などで一時的に衰えてしまった運動機能の回復や、痛みの軽減などが見込めます。但し、やみくもに行うことは危険です。運動の効果がないだけでなく、逆に身体を壊してしまいかねません。症状の軽減や機能の回復を目指すには、専門の医師や理学療法士が行う必要があるのです。

当院では、予防や治療の目的で腰痛体操、転倒予防など、筋力と柔軟性、バランス能力の改善を目的に行います。運動療法は、患者様ご自身の自然治癒力を増進させる方法であり、とても効果的です。負担の少ない運動療法を行うことによって自然治癒力を高め、不自由の無い快適な生活を送っていただけるよう、お手伝いいたします。

※ 理学療法士とは
理学療法士は、けがや病気などで身体に障害のある人や、障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法などを用いて、自立した日常生活が送れるように支援する医学的リハビリテーションの専門職です。「座る、立つ、歩く」などの動作ができるように、体の基本的な機能の回復をサポートします。

物理療法

怪我や慢性疼痛などで運動機能が低下した方に対し、物理的な作用を加えることによって進められる治療法です。障害や後遺症のある部位に着目し、その基本的な運動機能を維持・改善するため、牽引療法やマッサージ、温熱、寒冷、電気、水、光線などの治療を選択します。これにより、麻痺の回復や痛みの軽減が期待されます。

福岡整形外科

院長
福岡昌利
診療科目
整形外科、小児整形外科、手の外科、
リハビリテーション、リウマチ
電話
048-866-2338
所在地
さいたま市南区別所4-7-16
最寄駅
中浦和駅徒歩13分 
浦和駅徒歩19分

診療時間

診療時間 日祝
9:00~13:00
16:00~19:00
診療受付は18:00迄
木曜、土曜12:00迄
リハビリ予約受付時間18:00迄
木曜日診察は福岡利之 になります

休診日:日曜・祝日、木曜午後、土曜午後